ニキビ?吹き出物?大人の戦い!

8学生時代、どんなに不規則な生活をしてもニキビひとつできなかった私。

卒業後、就職し一人暮らしを始め、外食が基本になり一人のときはコンビ二でご飯を済ます。そんな生活を送っていたら知らない間に顔が吹き出物でいっぱいに・・・

ただ仕事が忙しいとかの理由で放置を繰りかえしてしまいもはや手の施しようがないような状態に。

そんなとき、友人からディフェリンゲルの噂を聞き、早速ネットでググってディフェリンを取り扱っている皮膚科へ!

私の住んでいる地域で取り扱っている皮膚科があまりないようで、見つけた皮膚科は一週間以上予約でいっぱいとの人気ぶり!正直びっくりしました。笑

そして無事処方してもらえましたー。ディフェリンは副作用もある少しきつめの薬。使い始めは肌が荒れる場合があるのです。だから、私は本当に米粒半分位の量から始めゆっくりと量を増やしていきしっかりと保湿を徹底しました!

それにより副作用が出ることもなく日々改善していきました。それと、気をつけていたのがゴルフが趣味なんですが、ゴルフのように日中1日紫外線にさらされる日の前後3日間はディフェリンの使用禁止!これもすごく大切なことです。ディフェリンは紫外線NGなんです。だから朝に使用もだめ!夜寝る前だけに使用してください。

無理せずにゆっくりとの効果を見込んで付き合っていけば吹き出物を集中的に改善できるディフェリン。大人の戦いには焦りは禁物です。無理をしないこと・慎重であることこそ大人ニキビ撃退方法です!

続きを読む

ニキビとニキビ跡に悩んでいたとき

11顔がかなり荒れてしまったり、ニキビやニキビ跡が目立つ場合は皮膚科に行ったほうが良いと思います。

しかし皮膚科によって、診察の方法も対処法も様々です。

本当に信頼できる医師がいるクリニックに行きましょう。

以前、顔がニキビとニキビ跡だらけでマスクばかりしていたときに皮膚科に行きました。

まずマスクはしてはいけないと医師に怒られました。

ニキビや肌をこすってしまい、刺激になるので余計にニキビ跡が増えるだけだと言われました。

しかしニキビやニキビ跡をそのままにして外出するのは、我慢なりません。

かといってメイクで隠そうとすると、かなり厚塗りになってしまいますし、そのほうがニキビに悪いのではないかと思いました。

医師にはメイクもするな、マスクもするなと言われたので、仕方なく少しだけミネラルパウダーをつけるだけで外出していました。

ニキビに効くという漢方の飲み薬をもらって、あとは塗り薬ももらいました。

2週間くらいして、少しづつニキビが治ってきました。

でもニキビ跡は一向に良くはなりませんでした。

その後もマスクはやめ、摩擦には気をつけていました。

食生活も少し改善しました。

甘いものや油モノを食べると必ずニキビができる気がしたので、控えるようにしました。

便通を良くするためにヨーグルトを食べるようにしました。

何が効いたのかわかりませんが、肌がふっくら明るくなってニキビ跡も目立たなくなってきたと思います。

ニキビ跡の対策にはニキビ跡消す方法 簡単美肌ランキング【2015版】を参考にされてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

顔の毛穴などのケアについて

顔のスキンケアというのはやはり歳を重ねるごとに気になってくるものです。老化という問題は誰にでもやってきますし、特に顔は最初に会った時に見るところでもあります。

普段からストレスを溜めない生活を心がけて、なるべく笑うような明るい生活を送るように意識するとかなり肌は良くなると思っています。実際、肌つやのいい人というのはバリバリの経営者だったり、お金の面でなくても成功している方に共通しているからです。成功したからではなく、気持ち的に前向きだから肌つやがいいのだと思います。

7そして普段のケアとしては、毛穴に詰まった汚れを落とすというのも大切だと思っています。外を毎日歩いているだけでも排気ガスなどの汚れが溜まってしまいますし、洗顔を基本としたケアはとても重要だと言えます。

洗顔のあとに化粧水や乳液をつけて寝たりするのは基本で、一年中やった方がいいと思います。それから逆に毛穴の中から排出するのもかなり効果的です。具体的には、週に何回かでも運動をして汗を流すというのは筋力アップや健康にもなれますし、同時にスキンケアともなっておすすめです。顔だけでなく全身で汗をかくことにより、体のスキンケアにもなっています。運動があまり苦手でない方は、低温のサウナに長時間入ったり半身浴で気持ちよく汗を流すのもいいと思います。汗をかくと頭もスッキリするということで気分転換にもなっていいことだと思います。

続きを読む

季節による顔のスキンケア法の違い。

10私は今まで、スキンケアにそこまで力を入れていませんでした。

しかし、社会人になり、人生で初めての恋人ができてから、色々なことが気になるようになり、そのうちの一つが顔のスキンケアでした。

付き合い始めたのが秋だったということもあり、乾燥の季節でした。

気になって顔を良く見てみると、やはり、乾燥でカサカサしていたのです。

それからは毎日しっかりケアするようになりました。

具体的には、洗顔後の化粧水とクリームです。

化粧水は今までもしていましたが、化粧水だけではやはり肌はカサカサしてしまいます。

そのまま化粧をすると、よりカサカサ具合が目立ってしまい、とても恥ずかしかったです。

しかし、化粧水にプラスしてクリームを塗ると、肌が落ち着くことがわかりました。

それからは毎日の洗顔後のクリームが欠かせません。

また、夏にはクリームは使いませんが、化粧水の種類を増やしています。

夏は夏で、紫外線対策として日焼け止めを塗っているからです。

日焼け止めは肌をいためそうですし、また、日焼け止めを塗っていても肌は紫外線の影響を受けているだろうということもあるため、紫外線用の化粧水を塗るようにしています。

恋人ができたおかげで、季節ごとの顔のスキンケア法を自分で調べるようになり、実践するようになり、綺麗な肌になることができました。

これからもこの習慣を続けていき、綺麗な肌を保ち続けたいと思っています。

続きを読む

シミのように残ったニキビ跡のケア

12ニキビが出来てしまうと、シミのように跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡といっても、茶色のシミのようなニキビ跡の場合、メラニン色素が沈着している状態であるため、美白と同じようなケアが必要になります。炎症がキチンと治って、シミのようなニキビ跡だけが残っている状態のときには、色素沈着を解消する美白ケアを行うと良いです。メラニン色素の沈着ですから、紫外線が当たると悪化しますので、紫外線対策も行いましょう。

シミを解消するための美白ケアが有効ですから、保湿は基本として押えましょう。保湿が必要なわけですから、シミが気になるからといって、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗うのはよくありません。刺激は悪影響ですし、乾燥は避けたいものですから、洗顔料や洗顔法は、むしろ刺激のないもののほうが効果的です。メラニン色素が排出されるように、根気強くケアをしていきましょう。保湿をしっかりしたら、紫外線など新たな刺激でメラニン色素が増えないように紫外線対策をしっかり行いましょう。

メラニン色素をスムーズに排出させるためにはターンオーバーの周期を整えたり、バリア機能を強化していくことが必要です。徹底した保湿でバリア機能を回復させ、しっかり睡眠をとるなど生活習慣の改善も行ってターンオーバーを正常化させていきましょう。

新陳代謝をアップさせるためには、適度な運動も効果的です。

時間はかかりますが、焦りは禁物です。肌にあった化粧品を使ってしっかり保湿、バリア機能を強化して、シミの元であるメラニン色素が自然に排出されるのを待ちましょう。

続きを読む