シミのように残ったニキビ跡のケア

12ニキビが出来てしまうと、シミのように跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡といっても、茶色のシミのようなニキビ跡の場合、メラニン色素が沈着している状態であるため、美白と同じようなケアが必要になります。炎症がキチンと治って、シミのようなニキビ跡だけが残っている状態のときには、色素沈着を解消する美白ケアを行うと良いです。メラニン色素の沈着ですから、紫外線が当たると悪化しますので、紫外線対策も行いましょう。

シミを解消するための美白ケアが有効ですから、保湿は基本として押えましょう。保湿が必要なわけですから、シミが気になるからといって、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗うのはよくありません。刺激は悪影響ですし、乾燥は避けたいものですから、洗顔料や洗顔法は、むしろ刺激のないもののほうが効果的です。メラニン色素が排出されるように、根気強くケアをしていきましょう。保湿をしっかりしたら、紫外線など新たな刺激でメラニン色素が増えないように紫外線対策をしっかり行いましょう。

メラニン色素をスムーズに排出させるためにはターンオーバーの周期を整えたり、バリア機能を強化していくことが必要です。徹底した保湿でバリア機能を回復させ、しっかり睡眠をとるなど生活習慣の改善も行ってターンオーバーを正常化させていきましょう。

新陳代謝をアップさせるためには、適度な運動も効果的です。

時間はかかりますが、焦りは禁物です。肌にあった化粧品を使ってしっかり保湿、バリア機能を強化して、シミの元であるメラニン色素が自然に排出されるのを待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です