デリケートゾーンの黒ずみが出来るのは自然なこと?その予防方法とは

デリケートゾーンが黒ずんでいると、日本ではあまりいいイメージがありませんよね。そのため、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方も多いと思います。しかし、デリケートゾーンの黒ずみは、日本人なら多少はあるのが普通なんです。その原因と、対策についてお教えします。

・デリケートゾーンの黒ずみはメラニンの量に左右される

日本人は、黄色人種なので、黒人と白人のちょうど中間程度のメラニン量だといわれています。肌の色が一人一人違うように、メラニンの量も一人一人違います。肌の色が濃い人ほど、メラニンの量は多く、デリケートゾーンは黒ずみやすいです。反対に肌の白い人はメラニンの生成量が少ないので、黒ずみは控えめ。日本人は中間なので、ある程度黒ずみがあっても普通だというのが通説です。

・デリケートゾーンの黒ずみを抑える方法はある?

もともとある程度の黒ずみは仕方ないとも言えますが、日々のケアで黒住を抑えることも可能です。というのも、女性の中には色素沈着が原因で本来よりも黒ずみが目立って言える人が大勢います。例えば、ショーツのサイズが合っていないこと。ショーツのサイズが小さいと、太ももの部分や、デリケートゾーン付近を締め付けてしまいます。よく見てみると、ゴムが当たっているところが黒ずんでいるという方は多いのではないでしょうか?ショーツのサイズを見直すだけでも、デリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来ますよ。

私のオススメのサイトはこのサイトです。
デリケートゾーンの黒ずみ対策ナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です